tomemo

シンボルを途中で変えるのは無駄

東京オリンピック・パラリンピック招致エンブレム(2020招致) - WORKS

主催者・関係者の側からすれば、招致用と実際のオリンピック用でシンボルマークを変えるのは気分の切り替えをはかったり、一致団結をはかる上で意義のあることかもしれないが、それ以外の人達、特に世界から見れば、イメージは一つであったほうがいいと思うので、エンブレムは招致用のものをそのまま使えばいいのではないかと私自身は思います。

シンボルを途中で変えるのは、会社や組織を立て直したり、イメージ自体が悪くなったときにそれを払拭するときなどには有効かと思いますが、オリンピックにおいては一貫して同じものを使い続けたほうがいいと私自身は考えます。

正直、あまりセンスの良くない、かつ、オリジナリティが低いデザイナーであることがすでに実証され、イメージの悪くなったシンボルマークにどうしてこだわり続けるのか、私にはさっぱりわかりません。

裏を返せば、「日本人はいろんなものをパクる人たち」というイメージを世界中に広めたいという意図があるんだったら、このまま使い続ければいいと思います。

[PR]
by asazuki508e | 2015-08-18 07:19