tomemo

タグ:民主党 ( 13 ) タグの人気記事

南スーダンへの PKO 派遣を決定したのは民主党政権



民進党議員においては、まず、事実を前提として話を進めてもらいたいものだと思います。

ちなみにこの PKO 派遣、欧米諸国は軍隊を派遣していないみたいですね。一体、どういう経緯・背景で今のような状態になってしまっているのでしょうか? カオスですね。

[PR]
by asazuki508e | 2017-02-25 08:17 | Comments(0)

民主党の植松恵美子氏は国会議員ではなくなっていた

【感動】麻生太郎も絶賛した伝説の民主議員”植松恵美子”神質疑!日本愛が胸熱すぎる衝撃の国会中継 - YouTube

国会議員って「普通」だとやっていけない仕事なんでしょうかね。
[PR]
by asazuki508e | 2017-02-24 09:21 | Comments(0)

民主党の若手・中堅の多くは地獄のミサワ病なのか?

緒方 林太郎|Facebook


これを見て地獄のミサワを思い出しました。

なぜか、いかに自分が仕事に時間を割いていないかをアピールして、自分の能力を誇示するタイプの男性がいますが、彼もそんなタイプのように私には見えます。人脈の広さアピールも当然、忘れません。思春期の頃はそれが可愛く見えたりもしますし、それが成長のエネルギーともなったりするのですが、大の大人がこれをするとちょっと見苦しいです。



大人になったら、お互いの弱いところを補い合い、かつ、お互いの長所を活かし合う姿勢が必要です。そもそもそういう心に変化しないと人を育てる気持ちはけっして芽生えません。子どもや後輩は自分よりも弱く、かつ、長所を伸ばしてあげなければならない存在なのですから。



地獄のミサワ病から抜け出せないでいるとこの逆をやってしまうんですよね。無意識のうちに。

p.s. なぜこういう風に感じるかと言えば、私自身にも地獄のミサワっぽいところが色濃く残っているからです。なので、むしろ親近感を感じてしまいます。社会正義?からすれば、本当はいけない感じ方なんでしょうけれども。

[PR]
by asazuki508e | 2016-01-18 09:15 | Comments(0)

民主党の緒方林太郎氏は外見、経歴、身なり、話しぶり等完璧なのにどうしてこんなくだらない質問をするのか謎だ



質問内容そのものよりも、どうしてこういう質問をするに至ったのか、その経緯や動機、意図の方を知りたい。


一般国民から見て、自分がくだらない質問をしている、ということを理解できないタイプの人間にはとても見えない。


何らかの力や脅しで言わされていると考えないととても理解できない、今回の質問内容。現代政治の闇は深そうだ。




p.s. お名前の方で検索したら、本件と絡めて、唐突にご家族の顔写真が出てきました。これはこれで非常識極まりない。これはもはや武器を使わない戦争状態ですね。やっぱり「民主党」というキーワードがパソコン画面に表示されない設定にしようと思います。理解できないことばかりで頭が混乱するので。


[PR]
by asazuki508e | 2016-01-13 07:51 | Comments(0)

枝野氏が目をつぶっているデータ

以下のグラフはこの記事より引用。

d0112463_20290414.png

私の理解では、ざっくりと言って、為替がガラリと変わり、海外では日本産の製品が2割引になり、一方で日本国内の海外製品が2割り増しになったんだから、ある意味、当たり前の現象である。そのあおりを食っているのが韓国。中国にも多少は影響があっただろう。消費税増税やアメリカやヨーロッパ等の景気、石油価格等とも連動しているので一概には言えないが、現状ではこう言う理解で問題ないと思う。

で、ここからが肝心なのだが、他の民主党議員の中には理解できていないものもいるだろうが、少なくとも枝野氏はこういうことをわかっている。

わかっていながら、「何らかの理由」で屁理屈を作り出し、国会で質問している。その「何らかの理由」は極めてドロドロしたもので、おそらく、ネット上にも出ていない類のものではないかと想像する。知りたくはないし、関わりたくもない。

[PR]
by asazuki508e | 2016-01-11 20:44 | Comments(0)

彼は確信的に嘘をついている


景気が良くなってから、実質賃金が上がってくるのであり、その前にまずは雇用や投資が増えることが肝心。皿やフォークが揃ってから、そこへ美味しい料理が並べられる。美味しい料理をテーブルの上にどさっと置き、後から皿やフォークを持ってくるバカはいない。

難しい用語を使ってはいるが、要はそういうことである。

こんな簡単な理屈が、こんな小難しい文章を


書ける人に理解できないわけがない。

つまり、彼は何らかの理由で確信的な嘘をついている。

とはいえ、「何らかの理由」を知らないまま死ぬ方が幸せなのかもしれない。

[PR]
by asazuki508e | 2016-01-11 20:20 | Comments(0)

政権担当能力があるならば、別にいくつかの政策は同じであってもよい


ものすごく当たり前のことだと私自身は思うのですが、民主党の枝野さんは違う考え方のようなので、一応、補足。

切磋琢磨しあうことが大切。むしろ、現在の民主党のように日本のためではなく、自らの存在意義を強調するためにただただ反対するだけの存在は、今の日本には必要ないと私自身は思います。



余談:

私自身が自民党の政策に対して対立軸を立てるとしたら「持続可能型社会」。現在は、「将来のための前向きな破壊」が必要な時期だと思いますが、それができないまま、約20年が過ぎました。民主党のやった破壊は「別の既得権者を保護するための後ろ向きの破壊」であったわけです。歴史上、前向きな破壊を政治の力で実現することができず、結果的に「戦争」を起こして来、現在でも中東でそれが起こってしまっているわけですが、そう遠くない将来、東アジアの一角でもそういったエネルギーによる内紛・紛争が勃発する可能性が出てきているように思います。結果的には、そういう外圧をきっかけとしなければ今の日本は変化できないのではないか、というのが私自身の考えです。

いずれにしても、反面教師的な面も含め、自民党 (保守)、公明党 (保守の補完勢力)、共産党 (社会主義)、おおさか維新の会 (社会勢力の流動化)、次世代の党 (持続可能型社会)には、その存在意義を見出せますが、民主党は日本人のためにはならない既得権勢力の保守勢力であって、日本の政治には必要のない勢力だと私自身は認識しています。枝野氏はそういう意味で「保守」という言葉を使っているのでしょうが、日本の政治を語る上での保守には当たらないのではないかと私自身は個人的に考えます。

[PR]
by asazuki508e | 2015-12-16 16:23 | Comments(0)

「維新の党」という名前は用済みだから捨てる? でも嫌がらせしたいからギリギリまで引っ張る?


私自身には、「維新の党」のままでは次の選挙で落選確実であり、かといって、「公職選挙法第99条の2」が邪魔で、「維新の党」という名前が使えないので、

次の選挙で生き残る人が少しでも増える可能性がないわけでもない民主党に戻るか、拒否された場合には無所属のまま選挙で戦いたいから・・・でも、すぐに返上するのは癪だし、橋下徹に仕返しもしたいのと、あと、政党助成金も欲しいので、5月くらいにしとくか? 俺たちは別に民主党か無所属で立候補するわけだから、別に痛くもかゆくもないし・・・という風に見えますが、選挙には全くのど素人であり、おそらく、政治を長年ウォッチしており、頭もキレッキレの共同通信の記者の「分裂問題を早期に収拾するため、維新の党は大阪系の求めに応じる形で年内に解党し、同名の新党設立に向け調整を進めている。大阪系は分裂の際、党名に「維新」を使わないよう求めていた。」という記述が主な理由なのでしょう。

しかし、本当におおかさ維新の党に対して「妥協」するのだったら、すぐにでも解党すべきだと私自身は思います。あと、「大阪系の求め」ではなくて、「民意」というか「社会常識」ではないでしょうか? もし、「維新の党という党名はこれからも使うべき」という人がいたら、ぜひ、その考えを聞いてみたいところです。

「維新の党」での支持率の動きを観察していると、東京の「維新の党」は明らかに偽物であり、すでに死に体に私には見えるのですが、どうして、これから後1年近くも存続させようとするのか、一般国民にもう少し、わかりやすく説明する義務があるのではないでしょうか? 少なくとも、政党助成金を受け取る権利を得る、来年の元旦までには説明する義務があると私自身は考えます。

いずれにしても、こういうときには「民意」を叫ばない一部のマスコミの人たちって、なんかすごいなぁと思います。まあ、普通に記事を書いたら社内にいづらくなる「空気」みたいなものが存在するのでしょうが。

[PR]
by asazuki508e | 2015-12-03 06:10 | Comments(0)

対応が遅すぎる

民主・津田氏、自民・佐藤氏が謝罪…安保の混乱 : 政治 : 読売新聞(YOMIURI ONLINE)

なんでこんなに時間がかかってしまうんだろう? 対応が遅すぎる。 こういうのはタイミングが大切じゃないだろうか?

民主党と自民党の間に入れる、潤滑油のような政党が必要かも、と思った。そういう観点から考えた場合、公明党あたりが妥当か。

津田氏と佐藤氏が同列に扱われているのはなんとも滑稽だが、落とし所としてはこうするしかないだろう。めんどくさいけれども。

ちょっと変な話だが、政策論争の中身は、なかなか一般人にはわからない。しかし、こういう一般の人でも遭遇するような話はわかりやすいのでみんなが食いつきやすい。なので、政治家からみれば優先度は低いだろうが、広報活動の一環として、こういうのは速やかに対処してほしいものである。

なお、大沼議員においては屈辱的な思いをし、心情的に許せないこととは思いますが、ここは大義を重んじ、「忍」の一字でお願いしたい。よろしくお願いします。

[PR]
by asazuki508e | 2015-09-25 16:19 | Comments(0)

女性議員を羽交い締めにした映像が YouTube に流れていながら、当民主党議員の謝罪会見もなければ、民主党執行部の方は「これから調査します」とピンぼけ発言する不思議

東京都議会では、ある「言葉」により、某議員の謝罪会見が行われました。


一方、国会では「言葉」ではなく、「実力行使」が行われましたが、未だ本人から、謝罪会見どころか、謝罪の言葉すらマスコミから報道されてきません。




私は別にこの国会議員を罰しろ、とか言いたいわけではありません。

私が気になっているのは、「現場の映像が公開されているにもかかわらず、すっとぼける当議員と民主党執行部の姿勢」および「相手によるマスコミの扱いの違い」です。



YouTube で現場の映像が流れているにもかかわらず、当事者の謝罪会見もなければ、民主党は民主党で「これから調査します。」とピンぼけ発言。これはちょっとないんじゃないでしょうか?



民主党議員の中の、心ある方々へ問いたい。こういう政党が国政の重要な判断をちゃんと判断できると思われますか? ちゃんとまともな意思決定ができる政治家集団の結成を望みます。

マスコミの一部の方々に対してはもう何も期待していないので省略。


[PR]
by asazuki508e | 2015-09-24 07:48 | Comments(0)