tomemo

タグ:橋下徹 ( 15 ) タグの人気記事

これは政治的な圧力がかかって実現しないと思う



橋下氏がキャスターになれば、おそらく、化け物番組になると思うが、大阪維新の会との絡みがあるので、まず、間違いなく実現しないと思う。

橋下氏もそれくらいのモラルはあるだろうし、万が一、本人がやる気になっても、それで被害を被るであろうリベラル系のマスコミ関係者が一丸となって阻止するだろうから、いずれにしても実現することはない。

一個人でこれだけの発信力はちょっと異常である。そんな人間にキャスターをさせるのはあまりにも危険。


[PR]
by asazuki508e | 2015-12-26 11:25 | Comments(0)

橋下徹はそんなに立派か?

国政に来てもきっと目立てないよ? : パチンコ屋の倒産を応援するブログ

通称、パチ倒さんのブログにはいろいろと共感するところが多く、勉強にもなっていますが、こと、橋下徹氏の今後の動向についての読みが私とは違います。

私自身は、橋下徹氏が国会議員になることはない、との読みです。もし仮に、彼が国会に進出するようなことがあれば、それはかなりの、彼自身の人生設計の変更なのではないかと思います。

私の読みだと、彼は弁護士業が本業だと思っていて、それに付随してのタレント業であり、ある程度、立派なこと?もしなければ、という責任感からの、しばらくの政治家稼業だったのではないかと推測しています。なので、大阪市長を辞めて以降は、また、弁護士業をベースにしての生活に切り替えるのではないかと思います。彼の感覚だと「とりあえず、社会人としての、ある一定の責任は果たせたかな」といった、ある種の達成感を感じているのではないかと思います。

そういうわけで、彼自身の中には、「政治はもうこりごり。もう上がり。もう勘弁して下さい。」という思いが強くなっているのではないかと思います。

しかし、一方で、「大阪をなんとかしなければ」という思いも人一倍強く、だからこそ、大阪の二重行政の解消に取り組んできたわけですが、私自身の読みだと、大阪は一度、デフォルトして、さまざまな行政サービスが高騰し、ヒト・モノ・カネが周辺に流出する、といった事態にまでならないと、自ら変わることはしないように思います。あらかじめ、そういった腐敗を自ら自覚し、自ら改善していく、なんていう神業は、大阪にはできないし、そもそも、ほぼすべての歴史上の組織体にもそれはできてこなかったわけです。なので、一揆やストライキ、革命、事変、戦争といった辛酸を嘗め続けてきたわけで、しかし、世代が変わるとまた、腐敗を繰り返す、というのが人間社会の限界であり、宿命だろうと思います。

つまり、何が言いたいかというと、橋下徹は歴史上、不可能なことにトライしている、ということです。そして、本人は立場上、けっしてそんなことは言いませんが、内心、そういうことに気づいているはずです。

なので、弁護士稼業をベースとする生活に戻るだろう、という読みです。

大阪はこれからも腐敗がすすんでいくことでしょう。腐敗がすすめばすすむほど、弁護士の仕事は増えていきます。なので、彼自身はまったく困らないでしょう。そして、そのこと自体は別に悪いことでもなく、それなりに仕事の意義は見いだせるでしょう。そして彼には大家族があります。それを支え続けることが彼の大きな仕事のモチベーションともなるでしょう。

彼はすでに気づいているはずです。ほとんどの政治家には、本気で腐敗を正す気概もなければ責任感もなくなっているということを。そして、民主主義という名の衆愚政治の限界がみえてきているということを。

p.s. しかし、流れてくる情報を素直に捉えるとパチ倒さんの読みのとおりになりそうな感じですね。新党作って、はい、さよなら、はちょっと考えにくいですね。


p.s.2 どうやら、はい、さよなら、してしまったようですね。(2016-03-28追記)



[PR]
by asazuki508e | 2015-08-29 04:37 | Comments(0)

「橋下大阪市長、市立大学長選認めず」の一次情報

朝日新聞デジタル:橋下大阪市長、市立大学長選認めず 「選ぶのは市長」 - 政治

判断は各自でどうぞ。

参考

[PR]
by asazuki508e | 2013-08-10 01:18 | Comments(0)

本人自ら発信することの大切さ


最終更新日:2015-11-02



この動画(音声のみですが)は2つのことを教えてくれます。

ひとつは、自ら発信することの大切さ。橋下徹氏自身からのツイッター発信がなければ、アンケート結果はまったく違ったものになっていたと思います。

もうひとつは、テレビに出ている人たちの異常さ。自分たちの感覚がおかしいとは思っていないことがよくわかります。

でも、最近ちょっと気になるのが、ニュースの下にあるツイッターをクリックしたときに表示されるツイートの固まり。間引いたりして、反対意見のツイートばかりを残している、などといった操作がやられているらしいことは以前の記事でも述べましたが、どうやら、こういうことを知らずに真に受けている人が多いような気がします。

このような状況を踏まえると、
  • 一次情報を仕入れる。
  • 他人の意見は極力入れない。
  • 他人が仕入れた一次情報とそれに基づく考察は参考にする。
  • ニュースについているツイッターのコメントはまったく参考にならないので見ない。
  • これまでの情報と比較検討しながら、自分で判断する。



というのが、最も事実に近づきやすいのかな、という気がします。


それにしても、橋下徹氏が言いたかった「日本人がレイプをする残虐性を秘めていると思われている」ということについて、論評している記事をほとんど見かけないのはどういうことなのだろうか? マスコミが完全に毒されているのか、それとも、単にほとんどの人が相手が言いたいことに耳を傾けるのではなくなった、無関心になった、ということなのだろうか? どちらにしても、ちょっと困った現象である。
[PR]
by asazuki508e | 2013-06-11 20:45 | Comments(0)

あいかわらずの自分の思い込みの投影をしている

橋下徹「米軍はフーゾクに行け」発言 現役デリヘル嬢が「風俗で性犯罪は減らない」と大反発(EXドロイド) - エキサイトニュース

「風俗で性犯罪が減る」とは一言も言っていません。一応、橋下氏の名誉のために言っておきます。記者から同様の質問を受けて、否定しています。

別に橋下徹氏を応援しているとか、そういうのではありません。ただ、私が見た事実と違う、と言っているだけです。


ちなみに彼は子だくさんの父親なんですが、そのあたりの背景を踏まえて言ってるんでしょうか?

理不尽で事実を踏まえない攻撃的言動というのは、実は発言者自身の姿だ、ということを知らないんでしょうか。


繰り返し、ここでも書いておきます。

彼が言いたかったことは、「日本人は世界から戦時中にレイプをやるような冷酷野蛮な民族だと思われている。こういうことにはちゃんと反論すべきではないのか?」

というあたりまえのことです。こういうところに焦点をあてずにこんな記事ばかり流すマスコミというのはどうなんでしょう? 営利活動ではなくて、自分で勝手にブログを書くとかならいくらでもやっても構いませんが、人様からお金を頂いておきながら、こういう報道はないだろうと思います。
[PR]
by asazuki508e | 2013-06-11 16:50 | Comments(0)

マスコミの一部の人による暴走

橋下市長どころではない!? カナダにもいた「暴走」市長(Business Media 誠) - エキサイトニュース

新聞やテレビを見ているほとんどの人から見たら、まるで橋下市長が暴走したように見えるのかもしれませんが、新聞・テレビをほとんど見ずに極力一次情報だけを見るように気をつけている私からすれば、少なくとも今回の件は完全に「マスコミの一部の人による暴走」です。

毎日毎日少しずつ、「権威あるもの」から、「映像などを交え」報道されると、人間だれしも、そうなっていくわけで、私自身もそうです。なので、自分の目や耳に入る情報はできるだけ自分でコントロールした方がいいと思います。

橋下徹さんが暴走しているように見える人は、オウム真理教の人たちを否定することはできないと思います。彼らの場合は、洗脳が目に見える形で激しく行われただけの話で、私から見れば、こういった洗脳の方がより悪質だと思います。「複合的」かつ「目に見えにくい」がゆえに洗脳がかなり肥大・拡大し、全体におよび、全体におよぶがゆえに自らが気づくことが難しくなるからです。
[PR]
by asazuki508e | 2013-06-07 23:42 | Comments(0)

橋下徹という人物に自分の何を投影しているのだろうか?

真正保守政党を設立する : 橋下徹は「目的なしの喧嘩屋」ではない。目的達成率の高いスリーパー相当の反日極左である。

最初の一文から破綻しているので、それ以降は読んでいません。

「結局、彼が何を主張しているのか、何がしたかったのか解らない」というのが大方の感想だろう。


こうさせているのは、橋下徹氏ではなくて、マスコミの一部の方々です。


「日本人は外国から、性奴隷を使う残虐な国民性を秘めていると思われている。」


ポイントはこれ一点と言ってもいいでしょう。


「ふつう」の人が、短くてもいいので、何か一言コメントを入れる。そういうものの集合体で世論を形成していく。そういった、地道な作業が大切なのではないかな、と思う今日この頃です。



p.s. 私は右翼でも左翼でもありません。このように「おかしいな」と感じたら、保守の人に対しても否定的意見を述べます。肝心なのは「白いものは白」と言うこと。ただそれだけです。
[PR]
by asazuki508e | 2013-06-04 13:38 | Comments(0)

国連もこの程度なのか

国連委、慰安婦中傷の阻止勧告 日本政府に要求(共同通信) - エキサイトニュース

マスコミの一部の人によって、ここまで問題が複雑化してしまいました。

もし、問題となった橋下徹氏の会見をそれなりのちゃんとした翻訳者が訳して、その映像をそのまま通しで見て、果たして同じことを言うでしょうか? 当然のことながら、それまでの膨大なぶら下がり会見の経緯も含めての話です。

こんなの、茶番以外の何者でもありません。

国連の中に全うな日本人がいたら、いかにマスコミの一部の人がおかしい状態になっているか説明すべきでしょう。

慰安婦の人たちを利用し、おとしめているのはむしろ、というよりも明らかにマスコミの一部の人たちではないでしょうか?

平和ぼけもここに極まれり、といった感じです。いわんやチベット、ウイグルをや、です。こんな勧告をしている暇があったら、中国に勧告すべきでしょう。言いやすい、弱い方にものを言うようになったら、すでにそんな組織には何の存在価値もないどころかむしろ有害だと思います。政治的に利用されているとも知らず。あきれた。
[PR]
by asazuki508e | 2013-05-31 22:47 | Comments(0)

外国の日本人がこれ。いわんや外国人をや。

橋下記者会見、海外ではほぼスルー(本山勝寛) - BLOGOS(ブロゴス)

海外の日本人をして「失言」したことになっています。これは絶望的ですね。

外国人に誤解するなという方が無理というものです。
[PR]
by asazuki508e | 2013-05-31 18:27 | Comments(0)

あいかわらず誤報を続ける毎日新聞(の一部の人々)

ニュースに対するツイートは間引きされ、情報が偏向していることがはっきりしたので、これからは、双方の言い分を直接検証していくことにしたいと思います。


早速ですが、あいかわらず毎日が誤報を連発しております。

日本維新の会の橋下徹共同代表(大阪市長)が24日に予定されている元従軍慰安婦の韓国人女性との面会の際、「政府には慰安婦に対する法的責任がある」との見解を表明することがわかった。

・・・

関係者によると、橋下氏は元慰安婦に対する国の責任を明記したうえで、支援金の形で給付を行う法案提出も視野に入れているとみられる。

<橋下氏>「政府に法的責任」 元慰安婦に表明へ(毎日新聞社) - エキサイトニュース


これに対し、橋下徹氏は以下のように反論しております。

d0112463_17191491.jpg

Twitter / t_ishin: 毎日新聞若菜氏よ。僕が慰安婦問題に関して、法的責任を表明する ...





これまでの話を聞いていると、論理的にありえないことを言っているなと思っていたのですが、本人のツイートを見たら、案の定、否定しておりました。



一方、私は数日前にこんな記事を書きましたが、

「報道」ではなく「読書感想文」になっている件 : tomemo

橋下徹氏も、相手は違いますが、同様の趣旨のことを申しております。

d0112463_17241233.jpg

Twitter / t_ishin: 毎日新聞、大阪編集局長、若菜氏よ。報道と論評を峻別せよ。報道 ...



私は「読書感想文」という言葉を使いましたが、橋下徹氏はここまで言われても誠実に「論評」という言葉を使っております。


余談
私たちは「言論の自由」という言葉の意味や価値を今一度、検証し直す必要があるのではないでしょうか? 例えば、マスコミ数社で「言論の自由について検証し、後世を育成する会」(仮称)なるものを OB を中心に結成して、自分たちで自浄活動をしてみてはいかがでしょうか? そして、こういうマスコミの一部の変な人をそこへ呼んで話を聞くわけです。マスコミ自身が自主的に活動する、ということであれば、言論の自由を抑圧している、という話にはならないでしょう。第三者機関にすると、すぐに「言論弾圧だ!」となってしまうので、自主的かつ育成の観点から話を聞く、という形にすればいいのではないでしょうか? OB の方であれば、組織とのしがらみも現役の人よりは少ないでしょうから、比較的、第三者的な役割も果たせるのではないかと思います。結果として、マスコミ全体にもプラスの方向で資すると思います。
[PR]
by asazuki508e | 2013-05-31 17:33 | Comments(0)