tomemo

<   2013年 08月 ( 90 )   > この月の画像一覧

中国人の気質

「私も密航者だからとても苦しかったので、そこのところを被害者の方によろしくお伝えください。」


なんでこんなに攻撃的・挑戦的なのだろうか? まったく意味不明だ。

ふと、以前に書いたこの記事のことを思い出しました。もしかしたら、中国人というのは他人との心の距離がとても遠いのではないだろうか? もし、相手の存在が希薄であれば反省する気持ちも湧いてこないような気がする。
[PR]
by asazuki508e | 2013-08-31 20:24 | Comments(0)

ブログの引っ越し検討中

エキサイトブログだと以下のような一字下げ?ができないので、
d0112463_10182138.png


以下のブログのいずれかに引っ越し検討中です。
現在、更新している他のブログやサイトはすべて一字下げにしていて、エキサイトブログだけがそうではなく、p タグで表示されていないので CSS で制御もできないため、という極めて私的・技術的な理由です。

p.s. 例えば、画像のあとに「というグラフがありますが、」と続けるときなどは、一字下げしたくないのですが、そうなると一字下げする場合としない場合とで区別する必要が出てきます。そうなると編集がややこしくなりそう。そういう理由で、一字下げして編集する、という案は却下になりそうです。そうなると引っ越しの理由もなくなります。
[PR]
by asazuki508e | 2013-08-30 10:23 | Comments(0)

実行する人とチェックする人とのバランス

原子力規制委員長が東電に苦言 「根拠ない推論多過ぎ」(共同通信) - エキサイトニュース

これも常々疑問に思っていることなのですが、なにかトラブルが起こったとき、当然、普段の何倍もの労力がいります。一方、チェックする仕事というのは、何事も起こっていない平常時にこそ重要なことであって、実際にトラブルが起こったときには、むしろ、そのトラブルに集中すればいいのでチェック機能はそれほど重要なことではない、というのが私の考えです。

しかし、実際にはこれと逆のことが起こることが多いです。つまり、トラブルが起こったとき、それに実際に対処する人はほとんど増えず、一方、それをチェックする人や組織だけがどんどんと肥大化していきます。

規制側はこんなことをマスコミを通じて国民に情報を流し、何がしたいのでしょうか? 現場のモチベーションを下げ、日本を壊したいのでしょうか? 初めて遭遇する事象が多いためにわからないことが多いのは当然で、それでも回答を求められるのですから、推論が多くなり、そこに根拠がないことが多くなるのも至極自然なことで当然です。

規制する人は、自分が何のために規制しているのか、今一度、考えてほしいです。
[PR]
by asazuki508e | 2013-08-29 09:53 | Comments(0)

ネットニュースには一次情報をつけてほしい

潘氏は「日中韓3カ国の指導者は過去に起きたことをしっかり理解し、それを克服していくべきだとの趣旨だ」と強調。会見で「日本の政治指導者」と名指ししたことに関しても、「日本の憲法改正について問われたためだ」と説明した。
 その上で「歴史認識に関する安倍政権の立場や、平和国家としての日本政府の努力はよく承知している」と表明。「日本で発言の趣旨が誤解され報道されていることは残念だ」と語った。

「日本だけのことでない」=歴史認識、国連総長が釈明(時事通信社) - エキサイトニュース

どうやら誘導尋問にひっかかってしまったようだ。この発言が正しいとすると発言者の意図に反した報道をしたわけだから、マスコミの一部の人はまた嘘をついたということになる。本当に困ったものだ。

できれば一次情報へのリンクをつけてほしい。これでは何が正しいのかわからない。

そんなわけで、私の中ではこのトラブルはなかったこととして処理したいと思います。
[PR]
by asazuki508e | 2013-08-29 08:53 | Comments(0)

みんなが早く飽きてもらうことを祈る

お寿司屋さん『スシロー』の醤油を口に入れTwitterに投稿し炎上 店側は醤油を入れ替え洗浄し対応(未来検索ガジェット通信) - エキサイトニュース

通報する側もする方だし、店も過剰反応し過ぎ。かといって、各自の努力ではどうにもならない問題。人間の体にたとえると、蚊にさされただけで、「いてーよー、かいーよー」といって街中をわめきちらして回っているような状態。

もっとこういうことが頻繁に起こって、みんなが飽きてきて、関心を持たなくなるといいなと思う。そうすれば、こういう投稿するをするスリルがなくなってアクセスも減ってつまらなくなり、通報する人も別のあら探しを始め、お店も売り上げにほとんど影響しなくなり、こういった過剰反応はなくなるのではないだろうか?

間違っても「××対策本部」とか立ち上げて、取り締まりなど始めぬようお願いします。上記のようなメカニズムが強化されるだけだと思いますので。今しばらくの辛抱を。

p.s. なんかこの記事自体、ブーメランになってるような? 気にしない、気にしない。
[PR]
by asazuki508e | 2013-08-28 17:39 | Comments(0)

原因を自分だけに求めてしまう自虐史観

はてなブックマーク - 自分が犯した最大の失敗は,コミュ力不足を成績で補おうとしたところ

保守的な人がよく言っている「自虐史観」の典型だ。

私の理解するところ、「自虐史観」というのは、「戦争をした私が悪かったです」ということではなく、何か物事がうまくいかなかったときに無条件に自分だけを責める思考回路のことだ。

上記の例の場合は、コミュニケーションがうまくいかないのをすべて自分のせいにしている。

私の場合を思い返せば、コミュニケーションがうまくいっている時期もあれば、現在のように孤立している時期もある。原因はさまざま。主な原因が自分にある場合もあれば、周囲の責任の場合もある。

コミュニケーションに限らず、仕事上の問題でもなんでも、うまくいかないときには、自分のことだけではなく、それ以上のエネルギーを使って周囲のことを知り、分析することが重要だ。そして、肝心なことは、その主原因がどこにあるのかをつかみ、それに対して対策を打っていくことだ。

日本の場合で言えば、中国や韓国と関係がうまくいかないとき、われわれ日本人が悪い、と無条件に考えてしまうのがいわゆる自虐史観。しかし、トラブルの原因をつかむためにはまず、相手の中国や韓国を知る必要がある。そして、中国や韓国を知るためには、それ以外の国々と日本との関係やその他の国々の特徴、さらには各国の歴史を知る必要がある。そこまでわかって初めて、中国や韓国とのトラブルを客観的に捉えることができるようになる。このように考えていくと、中国・韓国と何か物事がうまくいかなかったときに無条件に日本に原因を求めたり、逆に無条件に中国や韓国を責めることがいかに愚かなことかわかるはずだ。

自分だけを責めてうまくいくケースというのは、その他関わる人のほとんどが上記のような客観的な考え方ができる場合である。そんな環境に遭遇するのはごくまれである。つまり、自分だけを責める、という思考回路は非現実的だということである。

私から見れば、彼にこれまで接してきた大人や教育者、年長者は一体彼の何を見てきたのだろうと思う。この事例はまさに彼に対して一度でもこんな話をしてあげた大人や年長者がいなかった、なんら対策をうたなかったことの証左以外のなにものでもない。




あまりに概念的なことばかりだとピンとこないかもしれないので、ひとつ具体例を挙げると、私自身、おとなしい性格で、そのまま放置していたら、間違いなく、不登校児だったのではないかと思う。しかし、実際には何事もなく学業を終えている。今、思い返せば、まず最初に危なかったのは、小学校一年生のときに学校を飛び出したとき。何が原因であったのかは記憶にない。

その後、女性の担任の先生は私のことをことあるたびに抱き寄せてキスをした。今だったら、セクハラで訴えられるのだろうか? それとも先生という権威を利用したパワハラか? しかし、そんな理由からでないことは言うまでもない。おそらく、その頃の私は学校で緊張してしまっていたのだろう。そして、その苦痛からそのうち学校へ行かなくなってしまうだろうと考えたのかもしれない。そういった緊張を解いてやるためにそうやってキスしていたのだろう。

そういった周囲の大人の気遣いがあって今の私がある。もし、必要最低限の仕事だけやるタイプの先生であったり、子どもがそんな状態になっても放置しておくような親であれば、私は間違いなく不登校児になり、そして、孤立していただろう。

もしそうなっていた場合、果たして、孤立したのは私自身にだけ原因があったのだろうか? 私がおとなしい性格だった、ということがそんなに問題なのだろうか? それとも私を緊張させたその他の同級生が悪かったのだろうか?




自分だけを責めてしまう思考回路の最も怖いのは、周囲に無関心になってしまうということだ。そして、自分が責められることが苦痛なので、攻撃しやすそうな人を見つけて攻撃することでその苦痛から逃れようとする癖がついてしまう。そして、そういった人たちの集団がいじめを生み出し、そして、孤立を生んでいく、という悪循環・組織の崩壊が起こる。

このメカニズムがわかれば、「いじめをなくそう」というスローガンがいかに陳腐なものかわかるだろう。上記の説明でわかるとおり、いじめは人の集まりがあれば、必ず存在する。少なくとも潜在的には。そして、いじめられっ子の側をいくら治療したって意味はない。そこに原因はないからである。そして、いじめられっ子を転校させれば、ターゲットが次に責めやすい子に移るだけの話である。肝心なことは「自分を責める思考回路」を集団から排除し、周囲に関心のもてる人を増やしていくことではないだろうか? 「いじめをなくそう」と叫べば叫ぶほど、いじめっ子の中にある「自分を責める思考回路」は強化され、他人を排除しようとする心は大きくなるばかりである。
[PR]
by asazuki508e | 2013-08-28 10:35 | Comments(0)

限界に挑戦

一向に終わらない犯罪自慢! Twitterはバカ発見器なのか? - トゥギャッチ

もしかしたら、「通報されないで、かつ、一番おもしろいやつが勝ち」ゲームでもやっているのだろうか。だとすると、ちょっとリスクが高すぎる。
[PR]
by asazuki508e | 2013-08-27 20:22 | Comments(0)

いわゆる高所得世帯は約 1/5(高校生の子持ち限定)

高校授業料無償化の所得制限の対象を世帯年収910万円以上とすることで合意した。秋の臨時国会に関連法案を提出し、2014年度からの導入を目指す方針も確認した。これにより、高校生がいる世帯のうち約22%が無償化の対象から外れ、

高校無償化、所得制限910万円 14年度から導入で自公合意(共同通信) - エキサイトニュース

世帯年収が 910 万円以上が約 22 % というのにちょっとびっくり。何やかや言って日本はまだまだ裕福なんですね。私は 10 % くらいかと思ってました。
[PR]
by asazuki508e | 2013-08-27 13:49 | Comments(0)

日本人とひとくくりで言っていいものだろうか?

「お前身体弱すぎだろ、うける」「PCばっか見てるからだろ。これだからオタクは」
「その歳で実家に引きこもりとか絶対彼女できない。気持ち悪い」
「俺らにいじってもらえるだけありがたいと思えよ」

弱っているときは地元の同窓会に行くな

私には世代によってかなり気質が異なっているように感じられます。相手を感じ取る能力が欠如してきているのだろうか? どうしてこんなに排他的になれるんだろうか? 不思議だ。

p.s. 生徒転落、学校側は「いじられキャラと認識」 : 社会 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)

学校の先生がこういう状態だといじめられっ子は自分の方を責めざるをえないだろう。それを見て、「自分はいじられたくない」という気持ちから、上記のような発言をするのだろうか? いじったりいじられたりして盛り上がるのがそんなに重要なことだとは私は思わないのだけれども、教職員の中では重要になってしまっているのだろうか?
[PR]
by asazuki508e | 2013-08-27 13:32 | Comments(0)

プロレスのやらせ問題で最も腑に落ちた回答

プロレスはショーであって競技ではない。
そしてそれは大人が子供に説明するべきではない。

サンタクロースが本当はいないんだよって必死に説明する大人はカッコワルイと思う。
それと同じだ。

子供同士でインチキだ!いや、真剣勝負だ!って言い合いするのは正しい姿だ。

コメント 18|「プロレスはやらせじゃないですよね?」の質問に小島聡選手が渾身の回答 - さまざまなめりっと
※ 上記のものは小島聡選手の言葉ではなく、コメント欄にあったものです。

「アントニオ猪木、かっこいい!」とかでいいじゃないですか。あこがれの対象であって、身近な問題とごっちゃにするのはいかがなものかと思う。そういう意味では、テレビのインタビューとかのやらせは、あれはあこがれの対象でも何でもなく、ただの情報ですから、これは悪質だと思います。でも、経費削減とかあって大変でしょうから、やるなら、常識の範囲内でお願いします。
[PR]
by asazuki508e | 2013-08-26 16:54 | Comments(0)