tomemo

<   2011年 12月 ( 165 )   > この月の画像一覧

ニーズはなかなかわからない

Pinterest という写真の共有サービスを使っていると、改めて、自分が感じていることとニーズとは違うんだな、と実感します。

例えば、以下のリンク。
Cute / . #white,#dog

私はブックマークしたことすらほとんど記憶になかったのですが、反響はものすごくありました。一方、その逆もあります。

ネットはひとりよがりを許しませんね。
[PR]
by asazuki508e | 2011-12-31 17:33 | Comments(0)

杉原輝雄

お疲れさま杉原さん…天国でもゴルフを/主要ニュース速報/デイリースポーツonline

[PR]
by asazuki508e | 2011-12-31 15:52 | Comments(0)

時代は移り変わる

年賀状。

昔は、遠くにいる人になかなか会えないから、その重みもひとしおだっただろう。

しかし、今はどんなに遠くてもメールで簡単にやりとりできる。


すると、「簡単にメールできるのに1年も連絡をとらない」などどいう、変なトラブル?も発生する。


こんな感じのことは、書類の電子化でも起こったこと。紛失している昔の書類、書類不備で法令違反。しかし、文書が電子化されてしまうと紛失状況が一目瞭然…。



かといって、紙と電子化するものをわけると情報が分散してしまう。


はたして、便利になったのかどうか…。


一方、コミュニケーション。


銃弾爆撃のようにとにかく発信量の多い人が世の中を跋扈していく。ブログでも、とにかく毎日更新していたり、ボリュームの多い記事であったり、まとめ的な記事を書いているものがランキングの上位を占めていく…。一言一言の言葉に込める思いなど、どこへやら…。



私は控えめでおしとやかな昔ながらの日本人が好きなのですが…。困りましたね…。


こういうふうに国民性が変異してしまうと、私は国家なるものは変容し、数十年後には維持できずに分裂してしまうと思うのですが、こういう感覚は他の人にはないのかな…。


私が会社に入ったとき、「ああ、こういう人たちなら、こういう会社が維持できているのも納得。」と思った。いくばくかの時間が経過し、会社をやめるとき、「ああ、あと10年後にこの人たちが会社を背負うことになるのだろう。はたして、維持できるのだろうか?」と思った。


これが歴史的必然だとするのなら、しょうがないのかもしれない。


はっ、年賀状から関係ない話になってしまった…。




ある子、高3でバイト。もう、進学先は決定済み。私は今頃、朝から晩まで勉強漬けだったっけ。時代はかわるなぁ。
[PR]
by asazuki508e | 2011-12-31 13:55 | Comments(0)

タイミングを逸する

ジョンウン氏 軍最高司令官に就任 NHKニュース

これで拉致被害者の奪還は遠のきましたね…。残念。

p.s. 彼らは日本人に生まれたことをどう思っているだろう…。
[PR]
by asazuki508e | 2011-12-31 12:55 | Comments(0)

人が休んでいるときに働く人

年末年始というのは、ブログのアクセス数が増えるのですね。年末年始だからしばらくブログの更新をお休みします、と、あるブログではしておきましたが、逆に更新頻度を多くしたほうがいいのかもしれません。

サービス業というのは、人が休んでいるときに働き、人が働いているときに休息するものなのですね、おそらく。たいへんだ。
[PR]
by asazuki508e | 2011-12-31 12:04 | Comments(0)

ニーズとシーズ

d0112463_13245612.jpg

いくつかのブログをやっていて、なぜかあるブログだけがアクセスが増えていきます。途中で手を抜いたら、アクセスもちゃんと減ります。機械的なものではなくて、ちゃんと内容も読んでもらっているようです。個別記事のアクセス推移もわかるので、作業の重み付けも楽にできます。

私が書きたいものは別にあるのですが、やっぱり、ニーズに素直に従ったほうが、ものごとというのはうまくいくようです。

ただし、働いているときに学んだことのひとつに「二頭追うべし」というのがあります。実際は1つが支えているのですが、バックアップ的なものはしっかりと整えていった方が結果的にその1つがしっかりと成長する、という持論に近いもの。持論ではありますが、世の中の至るところで見られる現象です。「1頭追うべし」というのは結果的・表層的なもので、実は別に支えているものがあるものです。それが、ものであれ人であれ。

別の言い方をすると、あることしかできないようにして、依存・服従させるというのは、支配者側が意識的にか、無意識的にかやってしまうもの。

来年は、今後の私を支えてくれるであろうブログへのモチベーションを支えるためのブログをもうひとつ、なんとか1つ、しっかりと育てていこうと思っています。そちらの方はシーズ重視で。
[PR]
by asazuki508e | 2011-12-30 13:36 | Comments(0)

猫に小判。き×がいに刃物。

日印原子力協定に罠! インド法では原発事故の賠償は設備供給側が大部分負担!:ざまあみやがれい!

民主党が政権をとっている間は海外と条約を結んでほしくない…。
[PR]
by asazuki508e | 2011-12-30 02:35 | Comments(0)

若者を無職にさせちゃいけない

「無職は悪」という考え方が、働く人を死に追いやる - 人は働く機械ではない

私はこんなこと一回も言われたことがありません。相当恵まれてるんですね。
ありがとうございます。

ちなみに無職自体はよくないでしょ。

よくないのだから、若い人が働ける環境にする必要があると思います。

p.s. 雇用する方はもっとたいへんだと思うのですが…。
[PR]
by asazuki508e | 2011-12-29 19:58 | Comments(0)

若者死亡…

65歳までの希望者全員 企業側に再雇用義務化

「企業に対し、65歳まで働くことを希望した人の再雇用を義務付ける」

正気?
[PR]
by asazuki508e | 2011-12-29 00:06 | Comments(0)

慰安婦問題の出所

吉田清治 (文筆家) - Wikipedia
1998年、吉田は秦との電話会見に応じ「人権屋に利用された私が悪かった」と反省の弁を告白した

笑止千万!
[PR]
by asazuki508e | 2011-12-29 00:04 | Comments(0)