tomemo

内田樹氏のブログのコメント欄がめずらしく荒れている

私が愛読しているブログ「内田樹の研究室」のコメント欄がめずらしく荒れている。

コメント欄の記述によると荒らしている当事者は「イカフライ(本名:■■■)」(参照先のコメント欄が閲覧不可となっているため、本名は伏せることとしました。(2010年8月14日記))という名前の人のようである。

本人にとってはその気はないだろうが、結果的に、少なくとも私にとっては、反面教師的教材として、非常に勉強になるやりとりである。

彼の言論の矛盾点に対して違和感を覚える点をここに列挙してみたい。

・「低脳」という言葉を使っている。理性的な言論のやり取りでは必要のない言葉である。

・リンク先のブログの管理人の個人情報を漏らしている。イカフライ氏が言わなければわからないことである。そういう自分の過ちには気づかないまま、自分の名前が明らかにされたことに憤っている。

・盛んに「私ではなく、××が○○と言っているから。」という論旨が展開されている。自らの責任を回避しようとする心が垣間見える。

・法律や規則を頻繁に引用している。法律や規則は、守るためにあるのではなく、世の中がスムーズにいくように定められているものである。彼は、法律や規則自体が何かすごい権力を持っているかのように錯覚を起こしているようだ。

・まるで内田樹氏がすごい権力を持っているように錯覚を起こしている。ブログのアクセス数は1日に1万5千人であり、ブログとしての規模は確かに大きいが、日本全体の人口から見れば、約5000分の1にしか過ぎない。テレビや新聞等のメディアに比べれば、影響力ははるかに小さい。

・そもそも、コメント欄のやり取りは、本人にとっては大変なことかもしれないが、他の人にとってはどうでもいい話である。

・そもそも、これだけの熱い思い?があるのなら、自らブログを立ち上げ、トラックバックすればいいだけの話である。

私はやっぱり、「人間、歳を取ると丸くなる」というのは、人によるのではないかと思う。(ちなみにイカフライさんは50代後半の方らしい。)そして、一番苦しいのは本人自身だろう。そして、何より心配なのは、彼のストレスのはけ口となっているのは何なのかということである。

p.s.1 ちなみに内田樹氏の今回の記事は、昔の旧友を懐かしんでいるものであり、胸がキュッとなる内容である。こうなるともうブログの管理人はお手上げですね。

p.s.2 どうやら彼は中卒であることにコンプレックスを抱いているらしい。他の人は誰もそんなこと気にしちゃいないのに・・・。コンプレックスを克服するというのはたいへんなことなのだな、と改めて思う。


【主な改訂履歴】
2008.04.11 「p.s.2 どうやら ・・・ と改めて思う。」を追加。
[PR]
by asazuki508e | 2008-04-09 17:35 | Comments(10)
Commented by わど at 2008-04-09 18:46 x
はじめまして。ブログ世界を遊泳中、たどり着きました。そうそう。某ブログでは「◎読しらず」を名のっています。
今回の「荒らし」の件、どうすればいいか、よかったのか、さっぱりわからないんです。イカさんのムチャクチャな書き込みが止まりませんでした。というより増長したように、支離滅裂な長文を流し込んできた。放置すると、アクセスできない可能性がありました。ので、手をだし、つぎに足をだし・・・。
でも最近、どうも落としどころが見えてきた感じです。
 1.内田先生は、コメント欄など見たこともない。
 2.イカさんだけじゃなく、おれもKE◎さん、◎いちさんたちも告訴し有罪とする。
いい方法じゃないかと、つらいけど。
理由:内田先生は、ドタバタに100%関係しない。/イカを釣り上げるため、何匹かタコを餌にする必要がある(笑)。
正直には、先生の記事と関係ないコメントをするのは「荒らし」です。どんな「良心」があっても。なので、おれたち明らかに有罪。ただ貧乏なので罰金が払えず、有罪が確定したら逃亡します(笑)。

事件にかかわらざるをえなかった、メンバーの心理でした。rssリーダーに登録させていただきます。では。
Commented by asazuki508e at 2008-04-09 20:17
はじめまして。コメント頂き、ありがとうございます。
せっかくおもしろくて、想像力を掻き立ててくれる内田樹氏のブログのコメント欄が閉鎖されるようなことになれば、多くの人にとって不幸なことになると思うので、今回の炎上(ぼや?)については何とか沈静化してほしいなと思います。
イカフライ氏においては、異論・反論が一つのコメント欄に書ききれないほどなのであれば、自らブログを立ち上げ、トラックバックされてはどうかと思っています。
訴訟問題等に発展しないといいですね。同じようなケースを見かけたことがあるのですが、その例では、イカフライ氏相当の方が警察等に訴えるも相手にされず訴訟を断念した上、2ちゃんねるで血祭りにあげられ、あげくの果てに立ち上げたブログを不特定多数の人に荒らされてしまい、とうとうネットの世界から消えてしまいました。
それにしても、あれだけ穏やかな口調で語られる記事に対して、どうしてあれだけ怒れるのか私には理解しがたいところです。

事件にかかわらざるをえなかった、メンバーの心理。参考になりました。
Commented by t-noza at 2008-04-09 21:42 x
はじめまして。
私も内田樹先生が大好きなのですが、今回の騒ぎにはおどろきました。
これまでは、いつも楽しく内田先生の日記を拝読していたのに、
今回の某氏の暴れぶり(特に、矛盾に満ちた幼稚な自己正当化ぶり)には、
がっかりしました。
これ以上話が変な方向に行って欲しくないですが、この件が最終的に
どう決着するのか、ぜんぜん想像がつきません。
ただ、その某氏に対して果敢にコメントしている皆様の中には、この人の
お話をもっと聞いてみたいな、と思わせてくださる方もいて、これから
そういった人たちと意見を交換できる機会があればなー、と思っています。
突然のコメント失礼しました。
それでは。
Commented by asazuki508e at 2008-04-09 22:31
☆t-nozaさん
はじめまして。
果たして本人は、約1万5千人に見られているという自覚を持って、あのコメントを書いているのか、はなはだ疑問に感じざるを得ません。
個人的には、そんなにおおごとにはならないと楽観しておりますが、今回の件で内田樹先生のブログに対するモチベーションが下がってしまわなければいいな、と思います。
たぶん、忙しすぎて、気にしている暇もないような気はしますが・・・。

先ほど、貴殿のブログを拝見してきました。上司を笑わせられるとは、すごい腕前の持ち主なんですね。その技?があれば、おそらくどこでもやっていけるでしょう。私は怒らせてばかりで、仕事が増える一方でした。
ではでは。
Commented by t-noza at 2008-04-11 23:46 x
asazuki508eさま、コメントに回答いただき、また、私のところにもお越しいただいて、
ありがとうございます。
実際はおほめいただいた程でもなく、周囲を笑わせているのか、それともただ単に
笑われているのか、よくわからないのですが(笑)。
内田先生のところ、これからどうなるか、まだちょっと心配です。
「もうコメントしない」と書かれている方が出てきているのが、とても読んでいてつらいです・・・
どんなに正論を言っているつもりでも、ものには「言いかた」があると思います。
それを忘れてしまった言論って、ただの暴力なんじゃないか、と個人的には思います。
早く事態が沈静化しますように。
それでは。
Commented by asazuki508e at 2008-04-12 00:16
☆t-nozaさん
こんばんは。
いやいや、周囲を和やかにできるというのは、私から見れば、一つの立派な才能だと思いますよ。私には逆立ちしてもできない芸当です。笑いで急場を凌げるケースというのは結構あると思うのですが、私にはそれができず苦労しましたし、これからも苦労すると思います。
先ほど、内田樹先生のブログを見てきましたが、どうやら沈静化の方向に向かっているようでよかったです。記事の中で、コメント欄の騒動の件に一切触れていないところは、さすが大人だなと思います。私だったら、一言どうしても言いたくなるところです。おそらく、私の見えていないことがたくさん見えていらっしゃる方なのだろうなと思います。現に、今回の「クリシェと割れた言葉」というエントリーの内容も途中から、よく理解できません。
某氏においては、コメントの内容以前の問題であって、どうやら学歴コンプレックスの臭いがしますが、そういうことはともかくとして、自らがああならないように気をつけたいなと思いました。
ではでは。
Commented by GOMESU at 2010-09-19 04:41 x
イカフライは自己存在のコンプレックスが激しい羨望と嫉妬となって自分の不幸な生い立ちや境遇に不満を抱き、自分にとって権威的に感じる社会的に名誉的な存在に激しい怒りと憎悪を抱くのです。激情的で憤懣な、それらを指摘されると火病が発症します。

彼の人生とは孤独で哀れな生涯を送る そういう「宿命」を自ら背負って生きているのですね。
Commented by asazuki508e at 2010-09-19 07:14
★GOMESU様
おはようございます。コメントありがとうございます。
イカフライさん自身、苦しいことと思いますが、私が最近感じるのは、こういう方に対する社会の無関心もどうなのかな、という気がします。
いわゆる「全共闘世代」と言われる方々の中に「非社会的思想(そういう思想の人たちが集まったら、とてもではないが社会は機能しないだろう、と思われる思想)」というものが多く蔓延しており、イカフライさんもその犠牲者なのかな、という気がします。
Commented by GOMESU at 2010-09-21 05:27 x
おはようございます。こちらこそありがとうございます。
人間は、およそ還暦くらいの年齢を過ぎれば生存への執着にも諦めがついて、怒りや憤懣などというものも次第に薄れて来るという、「生理的なメカニズム」というものがあるのではないでしょうか。  

ありとあらゆる人間関係で(嫁姑問題とか)あらゆる怨恨の深い問題でも、しがらみがある人生体験と年齢を経ることによって自己制御がなされるものでしょう。 

肝心なのは人は「現実的な暮らし」という社会生活の中で、ある時には妥協をしたり、稚拙な存在の隣人などに寛容になれる体験を積み重ねる社会体験を経て生きて来たのか?が、集大成として問われるのではないでしょうか? 
私にはアウトローを自称して、あくまでも気ままで「巧妙な生き方」をしてきた彼に深い因業を感じても同情は抱けません。 彼にはこの世でやり残している「宿題」が未だ残っているのだ思います。僭越な感想ですが。
Commented by asazuki508e at 2010-09-21 06:35
★GOMESU様
おはようございます。

私も「生理的なメカニズム」というものがあると思います。愛着とか慣れ、と言い換えてもいいかもしれません。視点をかえると、身内をえこひいきしてしまいがち、ということにもなるかもしれません。

ただ、たしかに経験も大事ですけど、私はむしろ、その受け取り方の習慣、みたいなものに基づく感性の変質、が問題なんじゃないかなと最近思っています。そして、その感性を歪めてしまっているものは、その人自身ではなく、その人に精神的圧力をかけていた過去の人の記憶や今現在の周囲の人の態度なのではないかと。

言い方をかえると、感性の変質の大きい人に対して、本気でぶつかろうとするものがいない。そういうものがいないから、感性の変質がより大きくなってしまう、という感じでしょうか。