tomemo

対北朝鮮においては、まず、日本自身がどうして戦争をしたのかの分析ができている必要がある

<北朝鮮核実験>安倍首相、日本独自制裁「厳しく」 - エキサイトニュース


もし、かつての日本が「資源が枯渇し、止むを得ず戦争する羽目になった」のだとするならば、これから北朝鮮にやろうとしていることは彼らに戦争を起こさせる動機を与えてしまう、ということになります。

私自身は素人でさっぱりわかりませんが、少なくとも、対北朝鮮対策においての論理矛盾をいくつか感じます。

もし、上記の理屈が現実だったのだとするならば、制裁ではなく、彼らを外交の場に引きずり出す工作を「日本から」積極的に行うべきでしょう。金正恩氏及びその幹部たちに自らそういった外交活動を行えるとは私にはとても思えません。



本来であれば中国やロシアがその役を果たすべきだと思いますが、原爆実験をことごとく許してしまっていること等から、そういった観点からの努力を怠ってきたと言わざるをえません。



今回の対応で制裁やむなし、つまり、制裁することが正義であるとするならば、かつての日本はやはり反省すべき、ということになります。少なくとも論理的には。



いずれにしても、肝心なことは、自己矛盾を抱えたまま突っ走らないこと。正しかろうが間違っていようが、現状、得られている情報をしっかりと分析し、整合性のとれた判断をしてほしいと思います。くれぐれもその場の「空気」だけで判断せぬよう。


p.s. 以上の記事は私自身の個人的な記述であり、第三者に同意や共感を求めたり、逆に違った考え方の人を攻撃する意図はまったくないことを特に明記しておきます。他の人がどういうふうに考えているのか、ということに興味があり、ではまず自分から、ということです。

[PR]
by asazuki508e | 2016-01-11 11:40 | Comments(1)
Commented by asazuki508e at 2016-01-11 13:51
Jin 様
以下のページの説明によると

http://help.blogmura.com/2010/07/38.html

「メンバーさまのご登録ブログサイトからにほんブログ村へのアクセスをINポイントとして加算し、にほんブログ村から登録サイトへのアクセスをOUTポイントとして加算します。」なのだそうです。

なので、例えば、私のブログににほんブログ村のアイコンをつけておいて Jin 様が1回クリックすると、にほんブログ村では INポイントが10、OUTポイントは0のままです。

つまり、関連性はない、ということになります。あと、ランキング自体は IN ポイントを元に並べているようですね。