tomemo

やたらめったら報道するのはやめてほしい

福島第1で2人汚染=免震棟前で警報も―東電(時事通信社) - エキサイトニュース

国民に危険を知らせるのはマスコミの大切な役割のひとつだと思います。しかし、オオカミ少年のようにやたらめったら報道するのはやめてほしい。

なぜなら、「国民に本当に危険が及んだときにその報道の効果が薄れてしまうから」

また、報道するにしても以下の記事のように「社内の管理基準とする同4ベクレル(国の管理基準は同40ベクレル)を上回る外部被ばく」といったように素人でも理解できる書き方をしてほしい。ほとんどの一般人は国の基準の 1/10 を社内管理基準に定めていることを知らないのだから。

東電社員10人が外部被ばく 熱中症予防の霧浴び汚染か(福島民友ニュース)

マスコミに勤めているのなら、過度に報道することがかえって逆効果になることがあることは十分承知しているはずです。

社内管理基準というのは、マスコミにネタを与えるためにあるのではありません。危険や問題となる事象を早めに察知し、実際に国の基準を超え、国民に危険を知らせなければいけなくなるような事態を減らすためのものです。あまりこんな報道を繰り返していると、安全裕度を 1/2 とかに変更する(すると今回の場合、報道されないことになります)ことになり、結果的に国民(当然ながら現場の人を含みます)を危険にさらすことになりますよ。

これからも、現場を混乱・モチベーションを低下させ、国民に不利益を与えたいというのなら、これからもこのような報道を続けてください(← これはマスコミの一部の人に対する皮肉です。ほとんどの真面目な報道関係者におきましては、今後ともよろしくお願いします)。

p.s. 以下の記事によると吸入による内部被ばくの疑いのある状況だったようです。


[PR]
by asazuki508e | 2013-08-19 16:04 | Comments(0)