tomemo

あいかわらず誤報を続ける毎日新聞(の一部の人々)

ニュースに対するツイートは間引きされ、情報が偏向していることがはっきりしたので、これからは、双方の言い分を直接検証していくことにしたいと思います。


早速ですが、あいかわらず毎日が誤報を連発しております。

日本維新の会の橋下徹共同代表(大阪市長)が24日に予定されている元従軍慰安婦の韓国人女性との面会の際、「政府には慰安婦に対する法的責任がある」との見解を表明することがわかった。

・・・

関係者によると、橋下氏は元慰安婦に対する国の責任を明記したうえで、支援金の形で給付を行う法案提出も視野に入れているとみられる。

<橋下氏>「政府に法的責任」 元慰安婦に表明へ(毎日新聞社) - エキサイトニュース


これに対し、橋下徹氏は以下のように反論しております。

d0112463_17191491.jpg

Twitter / t_ishin: 毎日新聞若菜氏よ。僕が慰安婦問題に関して、法的責任を表明する ...





これまでの話を聞いていると、論理的にありえないことを言っているなと思っていたのですが、本人のツイートを見たら、案の定、否定しておりました。



一方、私は数日前にこんな記事を書きましたが、

「報道」ではなく「読書感想文」になっている件 : tomemo

橋下徹氏も、相手は違いますが、同様の趣旨のことを申しております。

d0112463_17241233.jpg

Twitter / t_ishin: 毎日新聞、大阪編集局長、若菜氏よ。報道と論評を峻別せよ。報道 ...



私は「読書感想文」という言葉を使いましたが、橋下徹氏はここまで言われても誠実に「論評」という言葉を使っております。


余談
私たちは「言論の自由」という言葉の意味や価値を今一度、検証し直す必要があるのではないでしょうか? 例えば、マスコミ数社で「言論の自由について検証し、後世を育成する会」(仮称)なるものを OB を中心に結成して、自分たちで自浄活動をしてみてはいかがでしょうか? そして、こういうマスコミの一部の変な人をそこへ呼んで話を聞くわけです。マスコミ自身が自主的に活動する、ということであれば、言論の自由を抑圧している、という話にはならないでしょう。第三者機関にすると、すぐに「言論弾圧だ!」となってしまうので、自主的かつ育成の観点から話を聞く、という形にすればいいのではないでしょうか? OB の方であれば、組織とのしがらみも現役の人よりは少ないでしょうから、比較的、第三者的な役割も果たせるのではないかと思います。結果として、マスコミ全体にもプラスの方向で資すると思います。
[PR]
by asazuki508e | 2013-05-31 17:33 | Comments(0)